国際同性結婚と永住権 カナダ編

だいぶ前にはアメリカ編を書きましたが、今回はカナダです。
国同士が近いのにもかかわらず、カナダとアメリカでは国際同性結婚の事情は大違いです。

まず、カナダは世界で最も同性愛者の事を考慮した法律があります。アメリカでは、同性のパートナーにはビザが支給されませんが、カナダではされます。また、結婚をしていなくても、条件を満たせば、同性のパートナーにビザを支給することができます。主に3つの方法があります。

1.他の国、もしくはカナダで結婚をしていて、カナダの国籍、もしくはカナダの永住権がある方が相手をパートナーであると申請する。
2.一年以上一緒に住んでいる事を証明する。(銀行の共同口座を持っている、家を共に購入していているなどの証明が必要)
3.事情があり、一緒に住んではいないが、カナダ人と1年以上付き合っている。手紙のやり取りや、付き合っていることを証明する人が必要です。事情とは、ビザの関係で一緒にいれない、国が同性愛者を排除するような方針を取っているなどが当てはまります。

ただ、カナダ人国籍の人と付き合っていない人はどうすればいいでしょうか。現に自分は日本人で、Jはアメリカ人です。
カナダ国籍を取得するのが早いようです。条件的には
1.カナダで経営する
2.4000万程カナダに寄付
3.自分自身が、カナダで役に立つことを証明する。(それを証明するために、クリアーしないといけない項目がいくつかあります。)

正直、1と2は今の自分には到底無理です。ただ、3は大丈夫です。
こちらがその項目になります(英字のものしか発見できませんでした):http://www.borderconnections.com/skilled-worker.html

主に学歴や語学力、カナダでの勤務先や年齢、パートナーの状況によって100点中何点かという事を求めないといけません。Jは大学院を卒業予定ですし、私は4年制大学を2つ卒業しているので、学歴は文句なしにクリアーできています。Jは英語が母国語ですし、自分もTOEIC960点を去年取得しているので、語学力も問題ないと思います。年齢もパスしています。恐らく、2人とも3番の条件でカナダで永住権を取得できます。一緒に住んでから、後に結婚も視野に入れるという理想的な暮らしができるかもですね。もし、自分にビザが取得できないようであれば、Jにカナダ人になってもらいます(笑)

ただ、どちらかがカナダの永住権を取得してから、家族として移住する場合は、3年~5年はかかることがあるみたいです。どちらも、別々にカナダの永住権を満たすことができれば、まだ早く済むようです。

他の国とは違って、カナダは必ずしも労働ビザが永住権の条件ではないようです。また、スペインやオランダでは、同性婚が認められていても、市民権が問題になってきます。しかしカナダの場合は、市民権の問題があまりなく、片方がカナダの永住権を得ればいいので、世界各国からカナダに移住する同性カップルが大勢います。

自分とJは、カナダに行ってまで結婚はまだ考えていません。アメリカで法律が変わることを信じつつ、今は末時期だと思っています。でも、「結婚しよう」ってたまに言われると、やはり嬉しいです。今は辛い時期だからと思い、日々頑張っています。

しかし、オーストラリアやニュージーランドなど、世界では同性愛者のパートナーシップが認められつつある中で、日本は本当に遅れていますね。センチメンタルな問題なので、誰も取り上げようとしないだけだと思うんですが、日本の遅れ具合には本当に残念です。

スポンサーサイト
今までの訪問者数
プロフィール

better777

Author:better777
自分
国籍:日本
年齢:28
身長:165
体重:56
J
国籍:アメリカ
年齢:26
身長:188
体重:88くらい?

交際期間:7年
遠距離期間:合計約3年

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
PR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる